タバコは女性の大敵

イス

タバコは女性だけではなく、もちろん男性にも影響はありますが、
特に女性が気になるデメリットがあります。

タバコが女性の敵になる2つのポイント

美容の敵!

women
タバコを吸うと体内のビタミンCがどんどん破壊されていきます。
ビタミンCを破壊されてしまうと、肌にくすみができたり、吹き出物がなかなか治らなかったり、紫外線により、しみ・しわが増えてしまいます。

更に、タバコが活性酸素を生み出すため、老化を早めるとも言われ、これが原因でも、しみ・しわが消えにくくなると言われています。

また、血流が悪くなるため、口臭がキツくなったり、元来の冷え性が更にひどくなる事もあります。

タバコと口臭の関係を詳しくみる

子作りの敵!

妊婦の方は胎児への影響から、絶対にタバコを吸ってはいけませんが、
妊娠前の段階でもタバコを吸っていると、不妊症になる・胎児へ影響があるという報告があります。
その原因はタバコの煙に含まれる有害物質が、卵子を死滅させるという研究発表から来ています。
喫煙している女性は喫煙しない女性に比べて、
月経不順になったり、月経痛がひどくなりやすい。
閉経が早く訪れ、更年期障害もひどくなりやすい。
不妊症になる率が高くなり、妊娠する場合でも妊娠までの期間が長い。
胎児の発育が悪く出生時体重が少ない。
妊娠中の合併症が多く、流早産・死産の率が高い。
子宮外妊娠の発生頻度が高い。
SIDS(乳幼児突然死症候群)の頻度が高い。
とされています。