電子タバコで節煙方法

夜の景色

タバコはさまざまな害・影響を身体に与えます。
最終目標は「禁煙」と見据えつつ、まずはコツコツと節煙から始めてみませんか?
当サイトでは、電子タバコを使った節煙方法をお勧めします。

電子タバコで節煙の3ポイント

1:外出先にはタバコを持ち歩かない

外出時、友人と喫茶店に入ったり、人を待っていたりする時についついタバコを吸ってしまいがち。
特に、お酒の席では普段以上にタバコの量が増えませんか?
そこで、外出先にはそもそもタバコを持っていきません。
ただ、さすがにそれでは耐えられないので、電子タバコを使います。

昨今、禁煙の飲食店も多い中、電子タバコなら心配もありません!
※禁煙のお店の場合、店員さんに電子タバコを吸ってもいいか確認したほうがいいかもしれません

2:ニコチンガムと併用してつかう

ポイント1によって、外出先では常に電子タバコを吸うことになりますが、
ニコチンはその依存性から「吸いたい気持ち」が湧きあがってきます。
その気持ちをおさせるため、ニコチンガムを使います。

このガムの場合、「ニコチン」は摂取できますが、
一酸化炭素やタールなどの有害物質を摂取することが無くなるため、
タバコを吸うよりも身体への負担が軽くなります。

3:電子タバコを楽しむ

電子タバコは単に疑似タバコ的に、「吸う」行為の代わりだと思っていませんか?
実は、電子タバコにはさまざまな味があります。

本物のタバコの似せたものから、グレープフルーツやコーラなどの面白い(?)味まで。
どうせ使うなら、楽しんで使ってみませんか?
※味を楽しむためには、対応している電子タバコとカートリッジを使う必要があります