タバコの原材料とは?

タバコって色々あるの?

一言に「タバコ」と言っても色々ありますので、当サイトにおける「タバコ」とは、紙巻タバコと呼ばれる、一般に広く市販されている物を指します。

この紙巻タバコはタバコ葉を刻んで紙で巻いたもので、着火するだけですぐに吸えるため喫煙者に広く普及しました。

タバコの煙に含まれる化学物質は4000種ほどあり、その内、約250種は致死性有害化学物質とされています。
また、ベンツピレン(ベンゾピレン)をはじめとする発ガン性物質に関しては60種類含まれます。
【】

そもそもタバコの葉って?

タバコはナス科の一年草で、亜熱帯性の植物です。
葉の産出力、(植物が育つ上での)病気に対する抵抗力、加工した際の香りなどの違いにより、
約100の品種が栽培されていると言われています。

主な生産国は中国・ブラジル・インドで、この3国は生産量上位3位の国となります。

phentermine