タバコと口臭の関係

ライト

タバコを吸う人は口臭がキツイ?

タバコを吸う人の多くは、口臭がキツイと言われています。
タバコの臭いがすることは当然ながら、なぜ“口臭”に影響するのでしょうか?

口臭の原因

口臭口臭には様々な原因がありますが、タバコが原因で口臭がキツくなることがあります。
それは、タバコの三大有害物質「ニコチン・タール・一酸化炭素」によって、唾液の分泌量低下が原因と考えられます。



喫煙による唾液の分泌量が低下

歯石が付着しやすい状況がになる

歯茎の血行悪化

血行悪化による歯周病の原因

歯周病による口臭発生

喫煙者は非喫煙者に比べると5倍も歯周病リスクが高まると言われています。

自分では気付かないタバコ臭

非喫煙者は普段は臭わないタバコのに臭いに敏感です。
タバコを吸った後や、習慣的なヘビースモーカーの場合、
タールが原因と思われる「タバコ臭」がしているもの。

御自身ではなかなか気付かないかもしれませんが、非喫煙者は敏感に感じています。